そのままでいいことの方が、実は圧倒的に多い。

そのままでいいことの方が、実は圧倒的に多い。

小学生の頃にいじめられた記憶のようなものはある。でもそれは心を蝕んでいくような長期的なものではなかったように思う。俺のいた環境では意地悪されたり無視されたりといった行為は、今思えば「持ち回り制」だった気がしなくもない。

中学では(球技以外は)運動もそこそこ出来て勉強の成績も良く、生徒会役員に立候補するなど、いわゆる田舎の中学校に何人かはいる「出来る子」の部類だった。その流れのまま中学を卒業して、市内で唯一の進学校(高校)に入学することになるのだが、新学期早々、クラスメートに全くと言っていいほど馴染むことが出来ない自分を認識させられた。

いつしか俺はそのクラスにとっての「異物」のような存在になってしまった。日に日に彼らとの会話や交流も少なくなっていき、気づくとほぼ孤立状態になっていた。「いじめ」にあっていたという認識はもっていないが「トニーって、なんかムカつくから軽く無視しとこうぜ」くらいには思われていただろうし、陰口や馬鹿にしたような言動は確実にあった。今は忘れているだけで、多分それは毎日のようにあった気がする。

 

三年間続いた。

 

この三年間はまさに屈辱感に満ちた「忍耐」の一文字に尽きた。毎日毎日、早く卒業して、この自分を貶める牢獄のような場所から解放される日を待ち望んだ。

このようなことは、実は高校時代が最初で最後ということもなかったりする。社会人になってからも、そういう場面にはやんわりと出くわしている。実のところ、原因は俺の中にあると思っている。俺にとって「集団」というのは、一種の脅威なのである。集団の意識にどうしても素直に迎合することが出来ない。どうしても距離を作らざるを得ない。……やがてその距離が孤立を生み孤独感を生成することを知っていながら。

自分が変わらない限り、世界は変わらない。

しかし、変わる必要がない場合もある。

むしろその場合の方が多いのに、間違った反応を自分にも周囲にもすることがある。

 

「そのままでいいよ」

 

大切な人の魂を狭い価値観にはめ込んで変えようとしてはいけない。

 

「そのままでいいよ」

 

その言葉の持つ強さをみんなが信じて発していければ、やがて個性が受容される社会がこの島国日本にもやってくると信じたい。

海外生活を経験した俺から言わせると、個性的でない方がよっぽど恥ずかしい。

人生は一期一会(目次)はこちら

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼